The Difference that Makes a Difference

アトピー性皮膚炎の原因について

多くの方を悩ませているアトピー性皮膚炎と言われる症状は、一体何が原因で起こっているものなのでしょうか?

 

まずアトピー性皮膚炎の特徴ですが、アトピー素因を持ち、かゆみを伴う湿疹を繰り返し起こすということが挙げられます。

 

このアトピー素因というのは何なのかと言うと、本人や家族がアレルギーを持っていたり、あるいはアレルギーと深く関係している免疫物質「IgE抗体」というものを作りやすい体質であるということです。

 

つまり、アトピー性皮膚炎の主な原因はアレルギーを起こしやすい体質にあると言えますね。

 

アトピーの症状は、赤みがあったり、ブツブツしていたり、水分が多くジクジクしている湿疹が多く、また、中にはしこり状に硬くなったものも見られます。

 

これらは掻き壊すことでどんどん皮膚を傷つけ、皮膚が厚くなり、カサブタができて特徴的な肌状態になってしまいます。

 

このような症状が起こりやすいのは、主に関節部分や顔、耳の周辺などです。

 

ただし、個人差が大きいため、どこに発症するかはそれぞれです。

 

見た目にも大きく影響する症状なので、どうにかしたいものですが、これが体質によるものだとすると「どうにもならないのではないか」と不安になりますね。

 

ですが、これは体質以外にも複雑な原因が関係しており、環境的な要因を改善していくことで症状を軽減できる可能性があります。

 

例えば食べ物。

 

アレルゲンとなる食品やハウスダスト、花粉などに気を付けることで、症状が改善できるかもしれません。

 

それから、アレルゲン以外にも、汗、摩擦、乾燥、洗剤、化粧品などが刺激となることもあります。

 

さらに、ストレスや寝不足などの身体の状態が影響することもあるのです。

 

また、アトピー性皮膚炎を繰り返す方は肌表面のバリア機能が低下しており、刺激に弱くなっている傾向があります。

 

これに対しても、保湿の徹底などによりバリア機能をサポートすることで、少しずつ症状を改善できる可能性はあると言えますね。

 

原因を少しでも減らすことで、症状の軽減を目指していきましょう。

更新履歴